人は誰しもいつまでも若々しくいたいと願うものですが、年をとらないでいることは不可能です。せめて見た目だけは若いままでいたいと思いますが、加齢の症状は年々顔に表れてきます。その代表的な例の一つがたるみです。もう一つの代表的な例であるしわは人によって個人差がありますが、たるみはほぼ全員に訪れる加齢現象です。しばらく会っていなかった知人やテレビで見ていなかった芸能人を久しぶりに見て年をとった印象を受けるのは、顔がたるんで皮膚が下がってしまったことが原因である場合が多いです。見た目年齢の上昇に直結する顔のたるみはどうすれば防ぐことができるのでしょうか。世の中には顔のたるみを防ぐマッサージなどもありますが、これは実は諸刃の刃です。効果的に行えれば良いのですが素人にはなかなか難しい上、下手に皮膚を引っ張ってしまうことで肌に余計な負担を与え、しわの原因になってしまうこともあるからです。顔の皮膚はデリケートなので、余計な刺激を与えることは極力避けたいものです。おすすめなのが、発音練習などによる顔の体操です。顔の筋肉を最大限使って発声することで顔の筋肉が鍛えられ、たるみを防ぐ効果がある上、小顔効果も期待できます。皮膚に触れるわけではないので、余計な刺激を与える心配もありません。柔道整復師 給与