筋トレではトレーニング方法によって効果に差が出ます。

昔の理論では、筋トレは日毎行ったほうがいいというものでしたが現在では違う思いになっています。

日毎筋トレをすると、破損した筋線維が手直しされるまえに、筋トレで筋線維を再度破壊してしまうので、筋肉の治りが遅れます。

そのようなことから、最近旬の理論では、超回復といった理論を元に筋トレをすることが望ましいといわれています。

その理論では、1セット10回とれる負荷を与えます。

これを3~5セット行います

この方法で、カラダの各筋肉トレーニングを行います。

レストタイムはおおよそ30秒になります。

一連のトレーニングが終了したら、30分以内にプロテインを摂取します。

これは、筋トレにより筋肉を酷使し、筋肉の手直しに手っ取り早く移せるためのものだ。

トレーニングを行ったら、直後48時間~72時間後にトレーニングをします。

つまり、中2日ほどあけてトレーニングをします。

筋肉が十分に回復する前に、筋トレをすると逆に筋肉を減らしてしまうからだ。

そのため完全に筋線維の手直しが終了した段階で、再びトレーニングをします。

こういう一連のトレーニングで、効率的に筋肉をつけることが可能になります。

健康で引っかかったりすると、その原因は食べすぎやエクササイズ不足による場合であることが多くあります。

分かってはいても、実行するのはなかなかつら〜いものです。

ありがちな失敗は、いきなり高強度のエクササイズを始めるからです。

初日から疲労困憊すると、継続することが難しくなります。

そのため、最初は散歩などの低負荷から始めます。

効果的のは、目的地の1つ手前で降車し、目的地まであるくというものだ。

これは、朝の勤務の時でもいいですし、帰りのときも問題なしだ。

それぞれの慣習に合わせたエクササイズ(散歩)が無理なく積み重ねるための秘策です。

あるくことは、カラダで最も大きな筋肉です、太ももの筋を使います。

こういう筋肉を使うは、もっともカロリーを消耗しやすくカラダにとっても良いことだ。

さらに、脳を活性化してくれます。

精神時な疲れやダメージがある時、あるくことはストレスやダメージを解消してもらえる役目を果たします。

また、散歩で基礎体力がアップしてきたら、ランニングを通じてみるといいでしょう。

エクササイズを積み重ねるため、良い循環がまわりだしたら、さらに健康なカラダに変わっていきます。

柔道整復師の求人