トリグリセリルは注目のエステルオイルであり、トリとは3つあることをいいます。

脂肪酸の一種であるカプリル酸、ブレンド脂肪酸、グリセリンの3つを結合しているのが特徴です。

粘性が酷いので非常に体にとってプラスになる良いオイルだ。

その成分構造は自然とおなじであり、セキュリティーにも優れています。

それゆえ、乳児用のオイルに配合されていることもあります。

トリグリセリルがそれほど使える理由としてエモリエントエフェクトがあります。

エモリエントエフェクトは肌に湿気や弾性を加え、養分を維持させるエフェクトのことです。

肌は養分が足りなくなると正常なターンオーバーが行われなくなるので、肌荒れが発生する原因へと繋がることがあります。

湿気や養分が肌に維持されていれば、UVなどを浴びても刺激を軽減することが期待できます。

そのため、トリグリセリルは様々な化粧品に配合されています。

界面活性剤と勘違いされることもありますが、トリグリセリルには乳化アビリティーがないので、正式には界面活性剤ではありません。

ただし、界面活性剤の成分という配合をされていることもあり、同じエフェクトを発揮する化粧品も販売されています。

毒性において心配する必要ないことも大きな強みだ。

パルミチン酸エチルへキシルは、パルミチン酸と特殊な酒類という2つの成分が合わさることで生まれる混合物質だ。

パルミチン酸は、ヤシの油をはじめとする植物油脂に広がる脂肪酸であり、酒類は自然発生したとは思えないほどハイクオリティーで高級な酒類を指します。

化粧品に用いると塗布したときの肌なじみを好調にできる気質があります。

しかも、油剤でありつつ使用に関して油っぽさをもらいにくく、さわやかな使用感に感じられることから、不快感を覚えることがなく健やかに肌に弾性をもたせられます。

そのため、カラダとの相性が良く、あらゆるメイクアップアイテムやスキンケア商品に使われていますし、髪の毛をケアする成分においても定番になっている。

そういったパルミチン酸エチルへキシルは、タイトルはあまり良さそうには思えないものの肌にとって良いものなので安心して使用できるものです。

またパルミチン酸エチルへキシルは成分により化粧分解が効率的なので、擦り付けることなく除去できる結果、クレンジングオイルにも使われることが多いです。